FIELD取り扱い分野

顧問契約

顧問契約

 顧問契約をするメリットはどのようなところにありますか?

 事前に法的なトラブルを防止するのに役立ちます(予防法務)。また,コンプライアンス,従業員の福利厚生などの面でもメリットがあると思います。

1

予防法務

事業者の皆様に重要なことは紛争を未然に防ぐことではないでしょうか。個人のお客様であれば,例えば,一生に一回,相続のときに大きな法律問題に関わるという程度ですむかもしれません。しかし,事業を営んでいる場合,潜在的なものであったとしても反復継続して大きな法律問題に関わっているはずです。現在は問題になっていなくても,将来において大きな紛争につながることもあります。

早い段階から問題の芽を摘み紛争を起こさないこと,仮に紛争に至ったとしても有利に対応することができるように契約書などを作成することが必要になります。顧問契約を締結することで平時からそのような備えをすることができます。また,継続的なやり取りの中で弁護士も事業の内容をよく理解するようになりますので,万が一の場合でも,素早く事案の内容を把握して法的なアドヴァイスができるようになると思われます。

2

コンプライアンス

事業を遂行するに当たっては各種の法令を遵守していなければなりません。取引に関する法令,労務に関する法令など様々なものがあります。ちょっとした法令違反であっても築き上げてきた社会的信用を失墜させてしまうこともあります。我が国におけるコンプライアンスの重要性はますます高まっているということができるでしょう。

また,法令に基づき会社を経営していくことは紛争予防することには繋がります。往々にして中小企業においては会社法等の規制が遵守されていません。順調なときには問題ないように思えても,ひとたび会社の支配権をめぐる争いが生じた時には深刻な事態を生じかねません。平時から法令に従った経営をしていかなければいけません。

3

福利厚生の充実など

顧問契約に付随して従業員からの法律相談にも対応することができるようになります。従業員の私的な問題に随時対応できるようにすることで,福利厚生の充実をはかることもできます。

顧問契約を締結することで事業の内容を踏まえた平時からの備えを整えることができます。当事務所では複数のプランをご用意しておりますので,ニーズに応じた顧問契約を締結していただくことができます。

 

顧問契約についてのリーフレットを作成しました。ぜひ,ご参照ください。以下のリンクからダウンロードすることができます。

hakolaw_leaflet