OFFICE事務所について

CONCEPT箱守法律事務所の考え方

  • 01.依頼者の皆さまの立場に立ち,誠実に業務を遂行すること
  • 02.たゆまず研鑽を積み,幅広い知見,高い専門性に基づくリーガルサービスを提供すること
  • 03.迅速に業務を遂行し,依頼者の皆さまのニーズに素早く応えること
  • 04.法律業務のプロフェッションとして地域・社会に貢献すること

CONCEPT.01 依頼者の皆さまの立場にたった親切,丁寧な対応

 当事務所のウェブサイトにお越しくださいまして,ありがとうございます。
 皆さまの中には「費用に対する不安」「近づきにくい」「話が難しそう」などの理由から弁護士に依頼することをためらう方がいらっしゃるのではないかと思います。
 そんな不安を解消するため,当事務所では依頼者・相談者の皆さまの立場に立ち「誠実に業務を遂行すること」をモットーとして以下のような取り組みをしています。

具体的な取り組み

  • ・できる限り明確な料金体系を採用し,事前にお見積を提示します
  • ・法律相談に際して誠意をもって親切,丁寧に相談に応じます
  • ・難解な法律用語を避けて可能な限りわかりやすく説明します

CONCEPT.02 高度な専門性・最新の知識技術の提供

 変化の激しい現代社会においては法令なども日々改正されています。当事務所では常に最新の法情報に精通し,依頼者の皆さまにベストな解決方法を提供できるように研鑽を積んで参ります。
 弁護士に求められるのは法令に関する知識だけではありません。事件の背景を理解するためには関連する分野の知識が必要とされます。当事務所の弁護士は,理工学部の出身であり,メーカーの技術職及び弁理士としての実務経験を有しています。また,AFP,日商簿記1級などの資格も取得しており会計等に関する幅広い知識も有しています。
 今後もよりよいリーガルサービスを提供できるように,高度な専門性,最新の知識・技術を身に付けるよう努力していくことをお約束します。

CONCEPT.03 迅速・的確なサービスの提供

 裁判は長期化するというイメージをお持ちの方も多いと思います。近時は裁判が迅速化してはいますが,それでも解決までに相応の期間を要することは否定できません。依頼者の皆さまにとって長期間の事件への関与はかなりの精神的な負担になります。当事務所では,依頼者の皆さまの目的を明確にしてその目的達成のために適切な手続きを採用することで,迅速に事件を解決することに努めます。また,当事務所全体として迅速なレスポンスをモットーとすることで早期の事件解決を図るようにしています。

早期の相談が早期の解決につながります

 前述したように,弁護士への相談を躊躇している間に,事態が悪化してしまう場合があります。例えば,感情的な行き違いが原因となって派生的な紛争が多数発生してしまい,紛争が複雑化することがあります。このように紛争が複雑化してくると解決までに時間を要しますし,解決コストも大きくなってしまいます。
 また,いつの間にかご自身に不利な内容の合意をしてしまっていることもあります。このような事態になると取り返しの付かない場合もあります。早期にご相談をすることをおすすめします。

CONCEPT.04 地域社会への貢献

 当事務所は,訴訟業務にとどまらずセミナーなどでの情報発信を通じて地域社会に対して貢献するこてができるように努力していきたいと考えています。また,プロボノ活動(専門的知識等を活かしてのボランティア活動等)への参加なども心がけており,法律事務のプロフェッションとして広く社会に貢献していきたいと考えています。

LAWYER弁護士紹介

弁護士箱守 英史EIJI HAKOMORI

東京都豊島区生まれ。

経歴

1998年(平成10年)3月
早稲田大学理工学部応用化学科卒業
1998年(平成10年)4月
大日本印刷建材株式会社入社
2001年(平成13年)6月
杉村蕃国特許事務所入所(弁理士登録)
2010年(平成22年)3月
岡山大学大学院法務研究科修了
2010年(平成22年)9月
司法試験合格(知的財産法選択)
2011年(平成23年)12月
菊池綜合法律事務所入所(弁護士登録)
2019年(平成31年)1月
「箱守法律事務所」設立

様々な経験をもとに皆様に豊富な法的サービスを

 私は,もともと東京の出身で,東京の大学(理工学部)に入学しました。岡山・法律ともにご縁はありませんでした。大学卒業後,メーカーで技術職をしていましたが,そこで弁理士という資格の存在を知りました。受験予備校は弁理士のことを「理系の弁護士」などと称して売り出していて,それだけの専門職なら将来の有望かもしれないと思い弁理士試験の勉強をはじめました。思えば,かなり安直な動機だったようにも思います。
 弁理士試験は,主に特許法などの知的財産法に関する知識を問うものです。私は,このときに初めて法律にふれて,「自分は理系よりも法律の勉強の方が向いている」と思うようになりました。弁理士試験合格後には司法制度改革により法科大学院制度が導入されました。私は,「このタイミングしかない」と思い,仕事を辞めて,妻の実家のある岡山の法科大学院に進学しました。その後,無事に司法試験に合格して,そのまま岡山で弁護士登録をすることになりました。
 岡山では弁護士法人菊池綜合法律事務所において企業法務を中心に多くの貴重な経験を積ませてもらうことができました。また,相続や交通事故などの分野についても比較的大規模な事件に多数関与することができました。
 弁護士としてはやや異色の経歴だとは思います。ただ,それだけに,様々な経験をもとに皆様に豊富な法的サービスを提供できると自負しています。理科系のバックグラウンド,事業会社での経験,知的財産に関する実務経験,労務をはじめとする企業法務に関する実務経験,個人の方からの相続・交通事故に関する多数のご相談に対応した経験などを活かして充実した法的サービスを提供していきたいと思います。また,私は,弁護士登録をしてからも常に研鑽を積んできました。ファイナンシャルプランナー(AFP),全経簿記上級,日商簿記1級などの資格も取得しておりますので,会計などの観点からも適切な事案の把握ができると思います。これらの分野については,皆さまのお役にたてるようにさらに精進していきます。よろしくお願いします。

所属団体

岡山弁護士会,日本私法学会,岡山県経済同友会

資格等

  • 行政書士資格取得・弁理士試験合格
  • TOEIC950点(平成16年)・司法試験合格
  • AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)登録
  • 全国経理教育協会簿記能力検定 上級 合格
  • ビジネス会計検定2級 合格
  • 日商簿記検定試験1級 合格

講師歴,委員歴

  • 2014年(平成26年) 4月~ 岡山大学大学院法務研究科非常勤講師(知的財産法Ⅱ)
  • 2015年(平成27年)12月~ 岡山県公害審査会委員

講演など

  • 2014年(平成26年)11月岡山経済同友会企業法務・会計委員会「企業秘密の保護」
  • 2014年(平成26年)11月社会福祉法人内部研修「高齢者の人権擁護について」
  • 2015年(平成27年) 9月顧問先事業者「コンプライアンス研修」
  • 2015年(平成27年)10月顧問先事業者「パワーハラスメント研修」
  • 2016年(平成28年)11月岡山経済同友会企業法務・会計委員会「有期労働契約者の賃金格差について」
  • 2017年(平成29年)11月岡山経済同友会企業法務・会計委員会「債権法改正で変わる 売買・請負」
  • 2018年(平成30年)10月岡山商工会議所「弁護士活用セミナー 民法改正~ビジネス現場における企業の留意点~」

OFFICE事務所紹介